英語スペラ

英語スペラは東京都文京区で創られた学習ゲームで、

「ちょっとオシャレな」イメージがあるせいでしょうか、

徐々に英語学習に関心のある中高年の方々に注目されるようになりました。

 

     英語スペラにはゲーム特有の一人勝ちの快感も、滅入ってしまうような、ひどい負け方もありません。

     一言で言えば、とにかくプレーが楽しいのです。

 

配られたカードで出来るだけ早く上がろう、または出来るだけ高い得点を狙おう、

あるいは記録に残るようなパーフェェクト・ゲームを狙ってみよう、などなど、

配られた16枚のアルファベットのタイルを見ながら、

自分でいろいろな作戦が立てられるところが、他のゲームにない魅力でしょうか。

もちろん、人によっては英語に強くなれるのも、このゲームの魅力の1つです。

 

実際のプレー

  4人がアルファベット1字が刻印されたタイルを

  それぞれ順番に「場」から4枚ずつ4回、

  計16枚引いてきてラックに並べます。

  アルファベットは英文で使用される頻度に応じそれぞれの枚数が決められています。

  全体では母音34枚、子音66枚の計100枚。

                 

自分の順番がきたら、場から1枚引いて単語か、短文を作るのに必要と思われるタイルは手許に残して、

不要と思われるタイルを1枚、自分の前に文字面を上にして捨てます。

これを4人が順番に繰り返しながら、早く17枚のタイルすべてを単語か短文に作り換えた人が「上がり」です。

  上がるときは、自分が場から引いてきたタイル以外に、

  誰か他のプレーヤーが捨てたタイルでも、上がることができます。

  • 誰よりも早く上がる

  • ボーナス点がプラスされる上がり方を狙う

  • 全ての単語を手の内で作って上がる

  • すべての単語が5文字以上の綴りで上がる

  • 10字綴り以上の長い単語を作って上がる

などなど、攻め方はあなたの作戦次第

※日本語すぺらも英語スペラと同じゲーム・デザインで創られています。